クマ治療(表ハムラ法)の経過 1か月目まで

こんにちは。

THE CLINICの今西理也です。

 

本日は、

黒クマに対して、表ハムラ法

で治療した方の経過をご覧いただきます。

 


 

上から術前、術後1週間、術後1か月の状態です。

大きな目袋がなくなり、皮膚の余りも改善しています👏

ゲスト様にも喜んでいただきました。

 

以前の記事で、黒クマの治療には、

①表ハムラ法、裏ハムラ法
②経結膜脱脂
③脂肪注入

があるとお伝えしました。

それぞれの術式のメリットデメリットは、

のようになります。

 

今回は、

・皮膚が余っている

・眼窩脂肪の突出が強い

ことから、表ハムラ法による治療が最適と判断しました。

 

ただ、表ハムラ法を受けられるゲスト様にとって気がかりなことは、

・傷跡

・ダウンタイム

かと思います。

そのため、今回のゲスト様の経過を掲載致しました。

 

術後1週間では、腫れや傷跡が目立ちますが、1か月の時点ではかなり目立たなくなっています。

ゲスト様も1か月の時点で、傷跡や腫れは気にならないとおっしゃっていました。

まだまだダウンタイム中なので、傷跡はさらに目立たなくなっていきます。

 

黒クマでお悩みの方は、ぜひご相談ください!

クリニックでお待ちしております。