額を丸くして若々しく、女性らしく!   

こんにちは。

THE CLINICの今西理也です。

 

今回は

額とこめかみのボリュームアップ

についてお話ししようと思います。

 

ポイントは、

① 額とこめかみをボリュームアップするメリット

② 使用する材料

です。それぞれ見ていきましょう。

 

① 額とこめかみをボリュームアップするメリット

これは2つあります。

1 若返り効果

以前のブログでお伝えしましたが、額とこめかみは、加齢によりボリュームが減少します。
ということは、この部分のボリュームを補ってあげることで、若々しい印象になることができます。

また額のシワが目立たなくなります。

2 女性らしい印象になる

一般的に、男性と比較して女性は丸い額をしています。

性同一性障害の方の治療(男性→女性)をする際、額を丸くすることは、大事な要素の1つです。

ただ、丸ければ丸いだけ良いというわけではありません。

どの程度ボリュームアップするかは、

・顔面全体のバランス。特に鼻(鼻根部)と頬の高さが重要。

・ご本人の好み

を加味して決定します。

 

② 使用する材料

額、こめかみをボリュームアップする材料は主に3つあります。

1  ヒアルロン酸
2  脂肪
3  シリコンプロテーゼ

シリコンプロテーゼは、埋入するために皮膚切開が必要であり、日本ではあまり行われていません。

ヒアルロン酸と脂肪のそれぞれの特徴は、

1  ヒアルロン酸

・ 注入した分がほぼそのままボリュームアップされるので、比較的形態を作りやすい

・ 半年~2年で徐々に吸収されていく

・ ヒアルロニダーゼで溶解可能

2  脂肪

・ 移植した脂肪は半分程度の生着率(額の場合)であるため、最終結果の予測がやや難しい

・ 脂肪は一旦生着すると、半永久的に維持される

・ 生着した脂肪を除去するには、基本的には手術が必要

・ 移植するための脂肪を採取する必要がある

となります。

それぞれメリットデメリットがあり、ゲスト様のご要望を第一に考えつつ、そこに医学的観点を加味してどちらを注入するか決定します。

ただ気に入らなかった場合や修正が必要になった場合、ヒアルロン酸よりも脂肪注入の方がリカバリーの難易度が高くなるのは間違いありません。

そのため脂肪注入は、手技やコンセプトを熟知しているドクターにしてもらう方が良いでしょう。

またヒアルロン酸で額を丸くするには、ある程度量が必要なので、継続的に注入し続けるためには費用がかかります。

数年単位でヒアルロン酸を注入し続けるのであれば、脂肪注入の方が結果的にコストパフォーマンスが良いことが多いです。

 

実際の症例写真をご提示します。

額、こめかみの脂肪注入を受けていただいたゲスト様です。

上が術前、下が術後になります。

ゲスト様も、額が丸くなり、喜んでいらっしゃいました。

 

額とこめかみのボリュームアップをお考えの方は、ぜひご相談ください!

クリニックでお待ちしております。